脇の下のぶつぶつ

脇の下のぶつぶつってどうしてできるの?


脇の下が何もなくってつるつるの人がうらやましいと思っている人は、脇が黒ずんでいたり脇の下がブツブツしているのが気になっているのではありませんか?
脇の黒ずみは脇の毛の自己処理によって摩擦で黒ずんでしまった結果ですが、脇の下のぶつぶつも同じように脇の毛の自己処理で皮膚が炎症を起こして盛り上がってしまった結果です。
もともと、脇の毛を処理する際には剃刀でそったり毛抜きで抜いたりすることが多いのですが、剃ると表面の皮膚を薄く削るので皮膚が炎症を起こします。その結果摩擦によって黒ずみや人によってはシミになることもあります。

 

毛抜きで脱毛処理をした後の毛穴に開きに細菌が入って生んでしまったり、毛穴が盛りあ上がってブツブツになったりしてしまいます。毛穴が開いた状態でもぶつぶつに見えますし、毛穴が盛り上がった状態でもぶつぶつに見えます。

 

脇の下の自己処理をすればするほど、肌状態も悪くなり、毛穴はダメージを受けて黒くなったり、盛り上がったり、毛穴の中にしこりのようなものができて白いぶつぶつになる人もいます。
脇の下のぶつぶつがひどくなったら病院で治療するほうがきれいになりますが、自分でぶつぶつを解消しようとするなら、まずは脇に下の毛の自己処理をやめることです。

 

剃刀、毛抜き、ワックスなどの器具を使い続けることでぶつぶつが増え続けると感じたら、永久脱毛をお勧めします。永久脱毛で脇の自己処理をすることがなくなれば自然とぶつぶつは綺麗になっていきます。

 

なるだけ早い段階で永久脱毛をするか、自己処理を中止して毛穴の状態を健康に保つこと、脇の下の皮膚を乾燥や刺激から守ることを意識することが大事です。