脇黒ずみ

脇の黒ずみの原因を知って黒ずまない脇に

脇の黒ずみの原因はいろんな理由があります。
脇の下やビキニラインの黒ずみはほとんどの場合が摩擦によっておきています。

 

特に皮膚の弱い人は、黒ずみが目立ってしまいます。肌が乾燥している人、敏感肌やアトピーなどの人は余計に黒ずみが目立つ傾向にあります。
ビキニラインや脇の下の黒ずみは夏になると海に行ったり、キャミソールなどを着るときにかなり気になりますよね。

 

肌質や、皮膚の病気であれば、皮膚科などの病院で治療を受けるのが先決ですが、そこまでじゃないけど黒ずみが気になると感じたら、摩擦を避けるのが一番です。ビキニラインの摩擦は締めすぎた下着が一番の原因です。補正下着などが食い込むことも長期にわたると黒ずみの原因になります。

 

脇に下も摩擦は洋服とすれることももちろんですが、脇の毛を自己処理することで摩擦が起こります。それが黒ずみの原因になりますので、自己処理で脇の毛を抜いたり剃ったりワックスではがしたりする人は正しい方法で脇の処理をしなくてはいけません。

 

アトピーやアレルギーによって皮膚の薄い部分に炎症ができるような状態だと皮膚科に行って治療を受けるのが一番賢明ですが、特に皮膚疾患がなく脇の下が黒ずんでいる場合は脇の毛穴に老廃物が詰まって黒ずんでいる場合と、脇の毛の自己処理で角質が傷んで硬くなった状態が黒ずんでいる事がほとんどです。

 

この毛穴の黒ずみは日常的に脇の毛の処理を抜いたり剃ったりすることでシミになってしまう事もあります。
脇のけのムダ毛を抜いたりすることで脇の毛穴が炎症を起こします。毛を抜く事で毛穴の周りに炎症を起こし黒ずみになってしまいます。この炎症から色素沈着をおこすのが炎症性色素沈着と言うもので、継続的に毛を抜くとシミになる確率黒ずみが進行します。

 

ムダ毛処理は抜いたり、剃ったりすることで脇の下の黒ずみになります。
夏になると毎年この自己処理を繰り返すことで、ひどくなりますので辞めるのが賢明です。